FC2ブログ

久米川みどり動物病院

久米川みどり動物病院のブログです。 病院のお知らせや、皆様にお役に立てる情報などを掲載していきます。

Entries

ワンちゃんの暑さ対策

皆さん、こんにちは
梅雨も明けて、毎日暑い日が続いていますが、
ワンちゃんの暑さ対策は万全でしょうか
ワンちゃんは、とても暑さに弱い動物です
ワンちゃんの汗腺は足の裏(肉球)以外になく、
口でハアハアと呼吸をすることで体温調節をしています。
なので、気温が上がってくると、体温を下げることが
難しくなり、熱中症にもなりやすいのです。

以下のことに注意して、暑い夏を乗り切りましょう

・お散歩は日中の暑い時間を避けて、朝晩の涼しい時間に行いましょう
ワンちゃんは人間よりも体高が低く、アスファルトの熱の影響を
大きく受けます。熱くなったアスファルトによって肉球が
火傷することもありますので、お散歩は早朝と日が暮れて
アスファルトの温度が下がってから行うようにしましょう。

・室内の温度調節を行いましょう
エアコンや扇風機を利用して、室内の温度を調節します。
エアコンの温度は26~27℃くらいに設定し、冷えすぎないように
注意しましょう。温度よりも湿度を下げてあげたほうが快適に過ごせます。

・水分補給をしましょう
脱水症状を起こさないよう、いつでも水分がとれるように、
新鮮なお水を用意してあげましょう。
夏バテ気味で食欲が落ちている時は、水分を多く含む
ウェットフードなどをあげるとよいでしょう。

・ひんやりグッズを利用しましょう
ひんやりした素材でできたマットや洋服、保冷剤つきのバンダナなど、
今たくさんの暑さ対策グッズが出ていますので、それらを上手く活用しましょう。

・定期的にブラッシングを行いましょう
適度にブラッシングを行い、抜け毛を取り除くことで、
被毛の通気と皮膚の血行をよくしてあげることができます。
熱中症の予防にもなります。

また、パグやフレンチブル、シーズーなどの短頭種や、
地面により身体が近い小型犬、体力のない子犬や老犬は
暑さの影響を受けやすいので、特に注意が必要です。
お散歩の時間などに十分注意して、熱中症にならないように
対策をしてあげてください


トリマー 白鳥美穂
関連記事
スポンサーサイト

ご案内

最近の記事

プロフィール

病院スタッフ

Author:病院スタッフ
.
ようこそ!
久米川みどり動物病院へ

042-392-0205
info@midori-vet.com
http://midori-vet.com


最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索