FC2ブログ

久米川みどり動物病院

久米川みどり動物病院のブログです。 病院のお知らせや、皆様にお役に立てる情報などを掲載していきます。

Entries

梅雨から夏にかけての健康管理 「エチレングリコール中毒」

こんにちは。

本格的に暑くなってきましたね。
夏本番も間近です。


今回は、保冷剤を摂取して起こる中毒についてお話していきたいと思います。

保冷剤には

・お店でケーキなどを買ったときについてくるもの
・マットやシート状のもの
・首や頭に巻いたりできるジェル状のもの   

など様々な種類があります。


短期間で冷感を感じるにはとても便利なものですが、ここで注意していただきたいのが保冷剤の「中身」です。


保冷剤の種類によっては中に含まれている成分を口にすると、中毒症状を起こすものが入っている場合があります。その中毒成分が凍らせても固まらないタイプの保冷剤によく入っている

「エチレングリコール」です。

動物さんがかじるなどして保冷剤に穴を開けた場合、「エチレングリコール」は甘い味がするため、喜んで舐めてしまう可能性があります。

摂取したエチレングリコールは肝臓で代謝され、様々な代謝産物に変化するのですが、
時間とともにどの代謝産物が作られるかによって症状が異なります。

症状の例として
元気がない、吐く、ふらつく、立てない、痙攣などの神経症状がみられ、最終的には腎臓がダメージを受け腎不全になります。

最悪の場合は死に至ることがあるので早急な対処が必要です。


保冷剤で"食べてはいけない"と書いてあるものは、「エチレングリコール」を含んでいる可能性がありますので、
ご自宅に保冷剤がある方は、一度、内容成分を確認してみましょう。
また、使用時には置きっぱなしにはせず、動物から目を離さないよう注意が必要です。


もし摂取してしまった場合には、すぐに動物病院に連絡し、食べてしまった保冷剤が残っているならば持参し、来院するようにしてください。

今年の夏は特に保冷剤の活躍が増えることが予想されます。事故につながらないよう気をつけて上手に活用しましょう!!


illust1963_thumb.gif看護士 蝦名ゆき
関連記事
スポンサーサイト

ご案内

最近の記事

プロフィール

病院スタッフ

Author:病院スタッフ
.
ようこそ!
久米川みどり動物病院へ

042-392-0205
info@midori-vet.com
http://midori-vet.com


最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索