FC2ブログ

久米川みどり動物病院

久米川みどり動物病院のブログです。 病院のお知らせや、皆様にお役に立てる情報などを掲載していきます。

Entries

梅雨から夏にかけての健康管理 「梅雨時のお散歩」編


こんにちは。

不安定な天気が続いていますね。

本格的に梅雨入りしたようです。。。



天気や気圧に左右され人でも体調を崩しやすいこの時期、

ワンちゃんネコさんももちろん健康管理が大切になってきます。



さて今回は

「梅雨時のお散歩」についてお伝えしていきたいと思います。



雨の日が増えるこの時期、

ワンちゃん飼い主さん共々お散歩にでかけるタイミングが難しいですね。



「雨が降っていて濡れちゃうけど・・」

「はね返りで毛が汚れちゃうけど・・・」



そんな気持ちでお散歩に出かける日も少なくないのではないでしょうか??



レインコートを着せたり

レインシューズを履かせたり



と、雨の日のお散歩グッズは多くでていますが

やはり濡れてしまったり、蒸れてしまったりということを避けるのは難しいでしょうし、

雨の日、または雨上がりの日のお散歩で体が濡れてしまうのは仕方のないことです。



そこで注意してもらいたいのが、お散歩後の「濡れてしまった皮膚」です。

動物の皮膚は、ヒトの皮膚よりも薄く、刺激にとても敏感です。



梅雨時の高温多湿でじめじめとした環境は細菌や真菌が増えやすく、

毛が湿っていると、皮膚が蒸れやすくなり、皮膚にとっては好ましくない状況になります。


また、気湿が高くなることで、ノミやダニなどの寄生虫も発生し、皮膚トラブルが起こりやすくなります。


皮膚トラブルで生じる痒みは動物にとって苦痛でありストレスになります。



そういったトラブルを起こさないためにも


濡れたあとには、



「皮膚を乾燥させ、衛生的に保つこと」が大切です。


  

濡れた体を拭く際には、


まず、タオルドライを十分に行い、

まだ湿っているようであれば、ドライヤーを使用しましょう。



ドライヤーは温風を強く使わずに、 冷風を選択しましょう。

温風を使う場合は、十分に離して使用するようにしてください。



特に見落としやすい部分の、


・指の間

・わき腹

・お腹



などは、しっかり毛をかき分けて丁寧に乾かしてあげることが大切です。


また、


・赤くなっていないか

・毛が抜けていないか

・何かできてないか



など皮膚の状態もをチェックしてあげるようにしましょう。


ドライヤーで風を当てながらだと、皮膚の状態がよくわかります。



体を拭くと同時に蒸れやすい耳の中もチェックしてみてください。


耳の中をのぞいて、


・汚れや分泌物がないか

・腫れや赤くただれていないか

・何かできていないか

・嫌な臭いがしないか



などを調べてみてください。



特に垂れ耳のワンちゃんは耳のトラブルが多いので注意が必要です。



皮膚トラブルは「早期発見」が早期治癒につながります。


起こる原因も 様々です。


それぞれ治療法が異なりますので

何か気になる点が見つかりましたら、獣医師にご相談ください。




皮膚トラブルに気をつけて、

梅雨時もお散歩を楽しみましょう!!

                                illust190_thumb.gif
看護士 蝦名ゆき     
関連記事
スポンサーサイト

ご案内

最近の記事

プロフィール

病院スタッフ

Author:病院スタッフ
.
ようこそ!
久米川みどり動物病院へ

042-392-0205
info@midori-vet.com
http://midori-vet.com


最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索