FC2ブログ

久米川みどり動物病院

久米川みどり動物病院のブログです。 病院のお知らせや、皆様にお役に立てる情報などを掲載していきます。

Entries

ワンちゃんの歯のケア

皆様こんにちは

3月も後半を迎え、いよいよ桜が咲く季節になりましたね♪

今日はデンタルケアについてお話をしたいと思います。
皆様はワンちゃん達のお口について深く考えたコトはあるでしょうか??

誰にも言えなかった・・・気になっていたけれど放置してしまっていた・・・
現在、多くの犬や猫が歯周病にかかっていると報告されているそうです。
放っておくと歯が抜けるだけでなく、全身にも影響を与え兼ねないと言われるくらい
恐ろしい病気なのです

人は毎日、自分で口の中をケアすることを出来ます。
そして、家族の一員である愛犬にも同様のケア(デンタルケア)が必要で大切な事なのです☆

デンタルケアの方法としてはいろいろありますが、当院では
歯ブラシ(ブラッシング)・デンタルガムを中心に促進販売しております

・歯ブラシ(ブラッシング)
汚れや歯石を除去する最も効率的な方法です。

たんぽぽ
人気絶大!!360度歯ブラシです

チキンフレーバー モルトフレーバー
     チキンフレーバー            モルトフレーバー

・デンタルガム
噛む事で愛犬のストレス発散と同時に歯を磨くことができます。

デンタルガム1
サイズは小型犬用・中型犬用の2種類で共に15本入りです


それではお家でのブラッシングの仕方について簡単ですがご説明したいと思います。

STEP1
口の周辺を触らせることに慣れさせ、口をつかみ数秒維持できるようにする。(マズルコントロール)

STEP2
歯磨きペーストを唇にぬり味見をさせ、指ブラシ・ガーゼ等に少量取り、少しずつ歯に触れるようにする。

STEP3
歯ブラシにペーストを塗り、ブラッシングを行う。
ここで嫌がる子には無理強いをせず、日にちをかけて歯ブラシとペーストの感覚を覚えさせましょう。
慣れてきたら、歯と歯茎の境界を優しく円を描くようにブラッシングしてあげて下さい。

STEP4
ブラッシングに慣れてくると犬歯・臼歯(奥歯)・切歯(前歯)という様に嫌がらない所から徐々に歯ブラシを移動させてブラッシングを行って下さい。
※歯の裏側も同様に磨くことを忘れないようにして下さい。

デンタルケア1 デンタルケア2 デンタルケア3 デンタルケア4 デンタルケア5 デンタルケア6 蝦名BOSA
スタッフモデル犬: 蝦名BOSAくんでした

デンタルケアは飼い主様一人一人の役割です。
愛犬達のお口の健康維持はとても大切なことなのでこまめにチェックをしてあげて下さいね


お待たせしました!最後になりましたが・・・先週の豆知識クイズの答えを発表いたしま~す

Q1 = 2番
亡くなった主人の声が録音されたレコードを聴いているそうです♪

Q2 = 2番
仲間の遠吠えに参加しているつもりだそうですよ♪

Q3 = 2番
猫は約30~6万ヘルツ、犬は約20~4万ヘルツを聞き取れるので、2番の猫ちゃんが正解です♪



皆さん、どうでしたか?ちょっとした豆知識になりましたでしょうか?
少しでもワンちゃんの特性を理解してあげることによって、今以上に信頼関係が深くなると思います



                                 トリマー:佐藤 絢香

  

関連記事
スポンサーサイト



ご案内

最近の記事

プロフィール

病院スタッフ

Author:病院スタッフ
.
ようこそ!
久米川みどり動物病院へ

042-392-0205
info@midori-vet.com
http://midori-vet.com


最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索